こんな事を言われた経験

「今使っている薬をジェネリックに切り替えませんか?」
こんなことを言われた経験がある人もいると思います。私の家族も認知症で薬を使っているんですが、面倒を見ている別の家族が度々言われているようです。

そのくらい、後発医薬品であるジェネリックが当たり前に使用されるようになってきました。
その理由は、研究開発費が少なく抑えられることで薬を安く提供出来るということ。でも、こうした呼びかけで薬を変えようとしている場合は、もしかしたら、その製薬会社から何らかの恩恵を受けたり、ジェネリックに切り替える患者が増えたことでのノルマなどがあるのかもしれませんが・・・。

海外から薬を購入する場合もジェネリックを利用する人が増えてきました。

元々は、「日本国内で買うと高い!」「病院まで薬を貰いに行くのが面倒くさい」「一度にまとめた欲しいのに1週間分しかくれない」などのような、こちらの都合に病院側が譲歩してくれないことで海外薬を利用する人が増えてきたのかもしれません。

更に、その中でもジェネリックを選ぶことで、薬に使うお金を抑えることが出来るようになるので、どの道使い続けなければいけない薬にかけるコストを抑える方法として、自然と需要が高まってくるというのは十分に理解出来ることです。

例えば、男性のAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)は、普通に購入し続けると1年間で10万円以上となってしまいますが、ジェネリック、しかも、海外から購入することで1年間でおよそ10分の1くらいにまで抑えることも可能なようです。

その余った金額を生活費にあてるのも良いし、更に、AGAの治療効果を高める為に何かしらを購入する費用として使うのも一つの方法です。

そのくらい、コストパフォーマンスに優れている海外医薬品。しかし、安かろう悪かろうという言葉があるように、良い面だけではありません。中には粗悪品が混ざっている可能性も有るので、それらを払拭できない限り、日本国内で薬を処方してもらう方が安全であることに越したことはありません。

また、これとは別に、それぞれの国による法律の違いなども理解しておくべきかもしれません。例えば、本来、ジェネリック医薬品というのは、特許の利用が許されてから世の中に出回るものですが、中には、まだ特許が残っていても販売されるケースもあります。

これがまさに国による法律の違いというもので、インドは、ジェネリックは作ってはダメという法律がなく、海外の他の国で優れた薬が出来ると、すぐにジェネリックを作り出すようです。

それだけ、分析能力に優れて素晴らしい薬の製造能力があると考えれば、とても良いことのように思いますが、特許を持っている製薬会社からするとこうした事が繰り返されるのは、勘弁して欲しいと思うことかもしれません。

ですが、同時に同情すべきこととして、インドは、貧困層が多く薬も簡単に購入できないという国民事情があり、そうした貧困層の国民であっても購入しやすい薬として、価格も抑えられているジェネリックが増えているようです。

実際、インドの製薬会社が作っているジェネリック医薬品は、他の国で作られているジェネリック医薬品と比較しても価格が抑えられているものが多くあります。このようなそれぞれの国が抱える事情やそこで作らジェネリックを理解しておくと、より続けやすい製品を見つける上での参考になるかもしれません。

一方で我々の母国、日本で売ることが認められているものは、確かに、安全性と効果のバランスに優れているかもしれないですが、海外には色んな効果の製品が売られています。そういうものは、個人輸入という形で手に入れないといけません。

しかも、使用は自分だけで、何があっても自己責任。

これだと、心細いと感じる人も居る事でしょう。私もそんな一人。そこで、こうして情報を掲載する事で、使用方法や副作用、購入時の注意点などをおさらいしておこうと思います。

早めに対策したいAGAと治療薬

まだ、30代だというのに、平均よりも早く抜け毛の心配がやってきそうです。もうすでにやってきているのかもしれません。季節の変わり目は、抜け毛が増えると言われていますが、そうしたレベルでも無い気がし始めています。

そこで、何か対策をしようと思っているものの、昔から、薄毛対策商品というのは、新しいものが次から次へと出てくるばかりで、どれが良いのかという確証が持てる製品がわかりません。もしかすると、ごく一部の人間だけが真実を知っているのではなかろうかなんて、考えたりしてしまいます。

今、男性のAGA治療に最も効果的なのは、プロペシアによる抜け毛対策。
育毛や発毛に重点を置くのも大切ですが、抜けてしまったら、数ヶ月~数年かけて育ててきた髪の毛が一瞬にして無くなりますから。

そう考えうと、まずは、抜け毛対策が重要なのかと。
そこで、AGAの直接的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える事ができるプロペシアが注目されて、実際に効果もあって利用者も多いです。

しかも、皮膚科やクリニックでの購入は高いという事で、個人輸入で輸入代行業者を利用して購入するケースが多いので、初めての場合でも、情報を拾いやすいので助かります。

プロペシア自体は、正規品という事で高いのでジェネリック医薬品の活用を考えているのですが、数あるプロペシアジェネリックの中でも、特に効果が有って人気なのがフィンペシアのような印象があります。

フィンペシアは、インドの大手製薬ブランドであるシプラ社というところが手がけているらしく、効果も安定しているとの事。しかも、安価に購入できる。これなら、買ってみるのも有りかなと思いました。

水虫を早く治さないと爪水虫になるかもしれない

身近な細菌感染症の一つ水虫。
白癬菌に感染して、その菌が足の皮膚に入り込み増殖する事で悪化するものです。湿っぽくて高温の場所になると好んで数を増やすようになる厄介ものでもあります。

症状は、普通に皮が剥けているだけで痛みや痒さを感じない事もあるようですが、ひどい時には、ピリピリという痛みや治まらないムズムズ感。更に悪化すると、皮膚がボロボロになり過ぎて出血を伴う場合もあります。

そこまで酷くなる事も稀だとは思いますが、もうひとつ厄介なのが、この白癬菌が爪の中に入り込むこと。白癬菌は、皮膚の奥深くに入り込むことはできませんが、爪の裏側へと増殖しながら侵食していく事ができます。

それによって、爪の裏側が水虫になってしまった状態が爪水虫。
爪白癬とも呼ぶそうですが、悪化すると、爪が黒くなり、ボロボロと剥がれ落ちるようになります。

ここまで悪化してしまうと、簡単に治すことが出来なくなります。水虫だけなら、強力な塗り薬があるので、それを根気よく塗ることで早めの治療ができます。ですが、爪水虫には、爪がある分、直接薬を塗ることが出来ず、簡単に治療ができないのです。

ですが、もっと調べてみると、今では、塗り薬だけで爪水虫治療が可能となっているようです。

そんな爪水虫治療には、クリアネイルという爪から直接浸透する働きを持つ殺菌性の高い塗り薬を使用する事で可能となるようです。

ただし、クリアネイルを使ったとしても完全に白癬菌が居なくなるまでは数ヶ月かかるらしいですが、殺菌力の強い飲み薬と違って、体に負担がない分、無理に爪水虫を治そうとしなくても良いとの事でした。

いずれにしても、水虫も爪水虫も夏場がピークですが、本当に大事なのは、秋以降の感染が緩やかになってからのケアだと思います。

パソコンでのかすみ目にはルテインが良い?

目の慢性的な疲れや視力の低下。
仕事でパソコンを長時間使うのも良く有りませんが、スマートフォンで小説を読んだりするの事も多く、結構小さな文字を長時間見ていると負担も増えます。

更に、そうした画像に含まれるブルーライトも目に良くないと言われていますよね。

そろそろ、目の健康を少しでも回復する為に何か対策した方が良いと思い、何かサプリメントを始めてみようと思って情報を集め始めたんですが、最初は、ブルーベリー系が良いと思ったものの、結局は、ルテインの方が良いという結論にたどり着きました。

ルテインというのは黄色い色素成分で、目の網膜にある黄班という組織に多く存在するようです。名前が黄班というのも、黄色い色をした斑点に見えるということからその名前が付いたようです。

物を見るということは、光を網膜に当てて、それを電気信号として読み込むことで映像として見ることができます。つまり、網膜は常に光にさらされていなければいけないので、その光の中にも、有害性の高いものがあり、そうしたものがダメージを与えてしまうようです。

他にも、体内で発生した活性酸素などの影響で、細胞が弱くなってしまうことも良くないと言われています。ルテインを摂取することにより、黄班の細胞を強くすることができ、光の影響や活性酸素によるダメージも少なくすることが出来るようです。

このような働きがあるということで、ルテインの摂取を行いたいなと思っているんですが、その為にもルテインサプリメントを利用するのは良いようです。

そこで、色々と製品を探してみたら、配合量が豊富なルテインサプリメントを見つけることができました。このルテインはマリーゴールドから抽出したもので、実際に体の中で利用されている成分をそのまま抽出するフローラグロー製法という特許技術が使用されています。

とりあえず、目の健康はルテインサプリメントを継続して改善していきたいと思っています。

脇汗対策ならパースピレックスが良いらしい

夏場の悩みと言えば、脇汗ダラダラで服が汚れてしまう事。しかも、汗シミが目立つと、なんかとても恥ずかしいという気がしてしまうものです。同じ汗でも額にかく汗と脇にかく汗とでは、脇の方がなぜか気になってしまいます。

夏場もオシャレはしたいのに、汗でジメジメしたりもそうですが、白色系の服だと、黄ばみの原因になるのでちょっと敬遠しがちです。

こんな悩みを解決できないかと調べているときに見つけたのが、パースピレックスでした。これは、制汗剤で脇に直接塗布する事によって、脇汗の発刊を抑える働きがあるそうです。

簡単に説明すると、脇にある汗腺内に成分が浸透し、そこで水分と結合して人工的にフタを作れるという働きがあるそうです。これによって、脇から汗が出なくなるそうです。
汗が出なくても、健康に与える悪影響というものも無いそうです。

しかも、新陳代謝によって成分がいずれ出て行くから、3日程度で効果が薄れてくるそうです。一生汗が出なくなるという心配もありません。これがあれば、毎年のように脇汗で悩んでいたのが、ウソのようにできるかもしれません。

男性のEDにはシアリスが人気

妊娠を切望する女性は、クリアブルーのような排卵日チェッカーの活用が有効ですが、男性側もEDによって性行為が望めないと大問題です。しかも、ストレスなどから心因性のEDとなる人が増えている現代。

そんな時には、ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬を使用する事で改善が見込まれ、実際に使用している人も増えているようです。

ですが、これらのED治療薬でもそれぞれ薬の持続時間が異なり、バイアグラやレビトラが5時間程度しか効果が続かないのに対し、シアリスなら最大で36時間も効果が持続すると有って人気となっています。今では、世界シェアNo.1となっている程です。

なので、持続時間で選ぶならシアリスですが、これらの治療薬はどれも薬価が高いのがネック・・・。一錠で2千円程度するので中々手が出しにくい価格です。

その点、シアリスジェネリックを活用する事でそうした問題を軽減することが出来ます。
取り扱われている製品として、タダリス、メガリス、タダラフィル、タダシップなどが有りますが、シアリスの4分の1程度の価格で購入できるようです。

どれが良いのかというのは、実際に購入し使用してみた方のレビューなどを参考にする事によって、より適したものが見つかると思いますが、そういった意味でもレビュー数の多い製品であれば、試されている方も多く実際に人気なのだと思われます。

ただし、ED治療薬を使用する際には、持病が有ったり高齢者の場合には、使用が制限される事も有るのでその辺問題ないのか調べてから使用を検討するべきかもしれません。