水虫を早く治さないと爪水虫になるかも

身近な細菌感染症の一つ水虫。
白癬菌に感染して、その菌が足の皮膚に入り込み増殖する事で悪化するものです。湿っぽくて高温の場所になると好んで数を増やすようになる厄介ものでもあります。

症状は、普通に皮が剥けているだけで痛みや痒さを感じない事もあるようですが、ひどい時には、ピリピリという痛みや治まらないムズムズ感。更に悪化すると、皮膚がボロボロになり過ぎて出血を伴う場合もあります。

そこまで酷くなる事も稀だとは思いますが、もうひとつ厄介なのが、この白癬菌が爪の中に入り込むこと。白癬菌は、皮膚の奥深くに入り込むことはできませんが、爪の裏側へと増殖しながら侵食していく事ができます。

それによって、爪の裏側が水虫になってしまった状態が爪水虫。
爪水虫とも呼ぶそうですが、悪化すると、爪が黒くなり、ボロボロと剥がれ落ちるようになります。

ここまで悪化してしまうと、簡単に治すことが出来なくなります。水虫だけなら、強力な塗り薬があるので、それを根気よく塗ることで早めの治療ができます。ですが、爪水虫には、爪がある分、直接薬を塗ることが出来ず、簡単に治療ができないのです。

ですが、もっと調べてみると、今では、塗り薬だけで爪水虫治療が可能となっているようです。

そんな爪水虫治療には、クリアネイルという爪から直接浸透する働きを持つ殺菌性の高い塗り薬を使用する事で可能となるようです。

ただし、クリアネイルを使ったとしても完全に白癬菌が居なくなるまでは数ヶ月かかるらしいですが、殺菌力の強い飲み薬と違って、体に負担がない分、無理に爪水虫を治そうとしなくても良いとの事でした。

いずれにしても、水虫も爪水虫も夏場がピークですが、本当に大事なのは、秋以降の感染が緩やかになってからのケアだと思います。
身体に負担をかけないケアなら、外用薬のみで行う爪水虫治療薬のクリアネイルがオススメです。